令和元年度 大西脳神経外科 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 7 21 33 61 157 290 439 821 548 116
2019年4月から2020年3月までの間に退院された患者様を10歳刻みで集計したものになります。入院患者様の構成で一番多いのは70歳代の患者様で全体の32.2%を占めており、続いて80歳代(22.0%)、60歳代(17.6%)となっています。また、60歳以上の患者様は全体の77%以上を占めております。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010060x2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1:なし 手術・処置等2:4あり 副傷病:なし 重症度:発症前Rankin Scale 0、1又は2 226 31.0 16.1 12.8 72.2
010030xx9910xx 未破裂脳動脈瘤 手術なし 手術・処置等1:あり 手術・処置等2:なし 167 2.6 3.0 0.0 61.6
010061xxxxx0xx 一過性脳虚血発作   手術・処置等2:なし 151 6.0 6.2 5.3 71.1
160100xx97x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 その他の手術あり 手術・処置等2:なし 副傷病:なし 115 11.5 9.7 12.1 76.8
010230xx99x00x てんかん 手術なし 手術・処置等2:なし 副傷病:なし 99 10.5 7.1 13.1 60.1
脳神経外科の専門病院として、脳腫瘍、脳梗塞や脳出血、クモ膜下出血などの脳卒中、頭部外傷や脊椎・脊髄損傷あるいはアルツハイマー病や脳血管性痴呆症、パーキンソン病などの治療を最新の設備と最高のスタッフにより最善の医療を提供しています。
神経内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010060x2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1:なし 手術・処置等2:4あり 副傷病:なし 重症度:発症前Rankin Scale 0、1又は2 7 12.4 16.1 0.0 67.7
010230xx99x00x てんかん 手術なし 手術・処置等2:なし 副傷病:なし 3 2.7 7.1 0.0 68.7
010060x2992401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1:2あり 手術・処置等2:4あり 副傷病:なし 重症度:発症前Rankin Scale 0、1又は2 2 15.5 18.4 0.0 66.5
010061xxxxx0xx 一過性脳虚血発作   手術・処置等2:なし 2 5.0 6.2 0.0 68.0
010110xxxxx00x 免疫介在性・炎症性ニューロパチー   手術・処置等2:なし 副傷病:なし 1 5.0 11.3 0.0 17.0
脳神経外科の専門病院として、脳腫瘍、脳梗塞や脳出血、クモ膜下出血などの脳卒中、頭部外傷や脊椎・脊髄損傷あるいはアルツハイマー病や脳血管性痴呆症、パーキンソン病などの治療を最新の設備と最高のスタッフにより最善の医療を提供しています。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌
大腸癌
乳癌
肺癌
肝癌
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
当院では対象データがないため公表することができません。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症
中等症
重症
超重症
不明
当院では対象データがないため公表することができません。
脳梗塞の患者数等ファイルをダウンロード
発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 661 31.7 75.6 22.4
その他 34 32.9 72.2 32.4
当院では約95%割の症例が発症から3日以内に治療を開始しています。脳梗塞の治療は時間との戦いです、24時間365日脳梗塞の患者様に対応できる体制を整え、tPA静注による血栓溶解療法や、直接血管内の中にある血栓をい除去する血管内治療を行っています。
また早期からリハビリを開始し、合併症の予防や機能回復に努めます。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 116 0.7 14.5 19.0 78.3
K1781 脳血管内手術(1箇所) 102 0.9 14.4 2.0 64.0
K609-2 経皮的頸動脈ステント留置術 70 4.8 9.0 5.7 75.7
K178-4 経皮的脳血栓回収術 53 0.0 40.7 49.0 77.8
慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術が上位となっています。上記に続くものとして、脳血管内手術(1箇所)、経皮的頸動脈ステント留置術、頭蓋内腫瘍摘出術、経皮的脳血栓回収術等がございます。
神経内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K178-4 経皮的脳血栓回収術 2 0.0 20.0 50.0 89.5
K609-2 経皮的頸動脈ステント留置術 1 19.0 13.0 0.0 7.0
経皮的脳血栓回収術,経皮的頸動脈ステント留置術等がございます。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一
異なる
180010 敗血症 同一
異なる
180035 その他の真菌感染症 同一 1 0.04
異なる
180040 手術・処置等の合併症 同一
異なる
当院は、手術や処置などを行う際には合併症を起さないように細心の注意を払い施行しています。
更新履歴
2020.09.24